Cフレーム型エアプレスの特長

danmenzu


C型フレームの場合、プレス作業を行ったときに間口に開きが生じます。
このため、ミカドのプレス機は製品精度を安定させるため、ボディーを厚くし剛性を高めています。
また、大きな違いのもう一つにプレスシャンクの廻り止めを内蔵していることにあります。

一般には廻り止めをシリンダーの後ろ側に止めておりますが、これでは下死点に降りた時に支点との距離が長くなり精度的に安定しないと考えます。

ミカドのエアプレスは廻り止めを内蔵し、下死点に降りれば降りるほど、廻り止めが潜り込んでいきます。

以上のことからもお分かりいただけると思いますが私どもは、お客様の作られる製品精度を第一に考えプレスを生産しております。


Copyright(c) 2013 Mikado Technos Co.,Ltd. All Rights Reserved.