省エア型エアプレスの特長

シリンダー断面図


省エア型プレスシリーズ(MKP-150T,MKP-150H,MKP-200T,MKP-200H)シリンダーは積層構造になっています。
プレス下降時はシャフトのバイパスから各層にエアをおくり、小さいφ径であるにもかかわらず推力は2倍もしくは3倍させています。(青色の部屋)
また、戻りは1層のみエアを供給する事により、エア消費量は1/4から1/3削減する事ができます。(赤色の部屋)
エア消費量を削減する事により、コンプレッサーへの負荷が減り、ランニングコスト、環境へ配慮する事ができます。


Copyright(c) 2013 Mikado Technos Co.,Ltd. All Rights Reserved.